naotomoのブログ: カラオケ動画の作り方!【作例あり】

スポンサーリンク

2016年3月31日木曜日

カラオケ動画の作り方!【作例あり】

みなさん、カラオケは好きですか?カラオケに行く前に、練習をするという人も少なくはないはず。そんな時に役に立つのがインターネットの動画投稿サイトに投稿されたカラオケ練習用の動画です。そんな、カラオケ練習用動画を自分で作りたいという方のために、作り方をまとめました。どうぞご覧ください。今回紹介する方法以外にも方法はいくつもありますが、無料で、僕が一番簡単だと思う方法を紹介します。

スポンサーリンク





ご注意

本内容は個人利用を想定しています。動画共有サイト等に公開する場合、著作権など法律やサイト利用規約に十分注意してください。また、Aviutlの拡張編集がある程度使えることを前提にしています。
自己責任において行ってください。

必要なもの

●Windowsが搭載されたパソコン(バージョンや性能によってできない場合もあります。)
●原曲
●カラオケ音源
●歌詞(事前にメモ帳などでtxt形式で保存しておいてください。LyricsMasterというソフトを使用すると簡単ですが、今回は省略して、手動で張り付ける事とします。)
●各種ソフト(以下に記述)

必要なソフト

RhythmicaLyrics (同期歌詞ファイルを作成する時に使います。)
txt2exo (同期歌詞ファイルをAviutlの拡張編集のオブジェクトファイルに変換する際に使います。)
Aviutl (動画ファイル形式で書き出すために使う、動画編集ソフトです。拡張編集プラグインも入れてください。)
インストールについては、それぞれのサイトに従ってください。分からない場合はコメントください。

作り方

まず、RhythmicaLyricsを開きます。
左上の”ファイル”をクリックし、”曲を開く”をクリックして、カラオケを作りたい曲のボーカル入り版(原曲)を選択します。
1
※ ”動画サイトから曲を取得”という項目を選択すると、ニコニコ動画からダウンロードできるそうですが、著作権法上、あまりよろしくないので使用しないことをお勧めします。

”歌詞を開く”をクリックして、事前に作ったtxtファイルを選択してください。
2
同期していきます。
右上の再生▶ボタンを押して曲を再生していき、その曲に合わせてスペースキーで歌詞を同期していってください。再生速度は、Qキーでゆっくりに、Wキーで速くできます。間違えた場合は、BackSpaceキーで戻ることができます。
最後までできたら左上の”名前を付けて保存のボタン”(フロッピーディスクのマーク)をクリックしてkra形式で保存します。
次にtet2exoを開きます。
”参照”をクリックし、先ほど保存したkraファイルを選択します。
3
文字の大きさ、文字色、解像度、フォント、配置などをさまざまな設定をします。設定ができたらプレビューで確認して良かったら作成を押してください。exoファイル(Aviutlの拡張編集のオブジェクトファイル)が作成されます。
あとは、Aviutlの拡張編集で開いて任意で背景映像を追加し、カラオケ音源を歌詞に合わせて書き出すだけです!

作例 

音楽:著作権フリー音楽素材 魔王魂
魔王魂さんのURL http://maoudamashii.jokersounds.com/





銀の小舟 5/13(金)公開!!



最後に

どうでしたか?うまくできましたか?この方法さえ覚えていれば好きな歌のカラオケができます!分からないことがあればコメントください。ご覧いただきありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク